古民家再生

古民家は築50年以上の伝統構法を用いて建てられた木造住宅です。近年ではその合理性と耐久性が見直され、取り壊される寸前の古民家を再生する機運が高まっています。当方でも「古民家鑑定士」の資格を取得し、古民家再生に力を注いでおります。

多様な樹木を豊かに育む日本では、古来より “木” を建築材料として用い続け、木造建築が世界でも類を見ないほど発展してきました。

ただ単に木材が豊富に存在していたということだけでは語ることはできません。建築材料としての “木” の性質が、また “木” を組み上げる構法から生み出される空間が、いかに日本の気候・風土に適応していたかが重要なのです。

多様な素材・材料による建築が見られるようになった現代において、このような木造建築の高い技術力と知識を保持することで、建築の規模に関わらず、そこに暮らす皆様に安全で快適なくらしを、また環境に対して負荷の軽減を実現できているのです。

古民家再生に関してご興味のある方は、お気軽にご相談ください。